【NEWS】量子コンピューター小型・実用化へ前進 東大チーム、心臓部を開発

 

超高速で計算できる量子コンピューターの小型化に必要な心臓部の部品を東京大の古沢明教授らのチームが開発した。従来の手法と比べ計算回路を大幅に減らすことができ、量子コンピューターの実用化に一歩近づいた。米科学誌電子版に17日、論文が掲載された。

生きている間に実現できると嬉しいな。
使えるようになるまでは多分難しいだろうけど、動いているところを見てみたい気持ちにはなるな。

それに、夢が広がるからな。