【戯言】専門職のプログラマー

 

送られてきた求人票を見ているのだけど、まだ言語での求人を行っているのですね。

業務知識での求人は、補足に”経験者優遇”や”業務経験車優遇”くらいしか存在しない。確かに特殊な業務では難しいというのは理解できるがもう少し考えてみてはどうだろうと思えてしまう。

どうせ業務経験と言っても自分の会社とはやり方が違うから新人に教えるのと大差ないという理由なら納得ができるが、それならば”即戦力”を募集しないほうがいい。矛盾が出てしまっている。

プログラマーが専門職だったのはもう10年以上前の話だと思っていたのだが、その時代から止まってしまっているのだろう。

前にも書いたが、八百屋のプログラマーとか魚屋のプログラマーだとか存在してもいいと思えてしまう。Webデザイナーがプログラムを書いてもいいと思っているし、プログラマーが初歩的なデザインができないようでは話にならないと思っている。それぞれの専門家がいるのだが最終的な調整や専門家に任せるのだろうけど、初期段階では全部ができる人物が居てもいいと思える。