【開発メモ】tweet.jsのJSON形式

 

多分2020年1月からだと思うが、Twitter のTwitterデータでダウンロードしたtweet.jsの形式が変わっている。

window.YTD.tweet.part0 = [ {
  "retweeted" : false,
  "source" : "サンプルソース",
  "entities" : {
    "hashtags" : [ ],
    "symbols" : [ ],
    "user_mentions" : [ ],
  },
  "display_text_range" : [ "0", "132" ],
  "favorite_count" : "0",
  "id_str" : "1014416775855783936",
  "truncated" : false,
  "retweet_count" : "0",
  "id" : "1014416775855783936",
  "possibly_sensitive" : true,
  "created_at" : "Wed Jul 04 07:53:00 +0000 2018",
  "favorited" : false,
  "full_text" : "【宣伝】",
  "lang" : "ja"
}

だったのだが

window.YTD.tweet.part0 = [ {
  "tweet" : {
    "retweeted" : false,

が挿入されるようになってしまった。

そこで、tweet.js を利用して投稿の全削除を行うようなプログラムは修正する必要が出てくる。