【覚書】通信パケットを減らす為に、wifiを活用する

 

各社から、通信費を安くしたプランが出てきて、格安SIMの各社も値下げに踏み切っている。

それでも容量が多いプライが多い印象がある。個人的には、月に3Gもあれば十分だ。ほとんどの月が、1Gもあれば十分だ。

歩きスマホを行わない。動画やダウンロードは、WIFIがつながる場所で行う。

これだけで十分パケットは節約できる。学生で、学校にWIFIが無いとか、WIFIが無い電車に一日3時間も乗っているとかいう状況でなければ、家にWIFIを設置して使うほうが通信費が抑えられる。大手のキャリアなら、光回線とセットにすれば安くなるようなオプションも用意されている。

調べれば、いろいろと節約できる方法は見つかってくる。

特に、wifi に関しては少しの手間でだいぶ環境が整えられる。

各キャリアが、wifiを店舗に設置させているのはステッカーなどからわかると思う。また、最近では大手チェーン展開している店舗ではフリーwifiを用意している場合も多い。

キャリアだが、docomo や au では、キャリアを使っていなくても、低速度のwifiが提供されている。

0001docomo や Wi2eap なら無料で使うことができる。

0001docomo は、dアカウントを作成すれば使うことができる。Android や iPhone なら、d アカウント設定アプリから登録できる。アプリを使用しなくても、webからパスワードを取得できる。

Wi2eap は、au Pay に登録すれば、au WI-FI アプリから設定できる。

多分、これだけでもかなりの店舗や施設でWIFIにつなげることができる。

SoftBankだけは無料では接続出来なかった。私は、メイン回線が Y!モバイル のために、ソフトバンクが提供しているWIFI設定ツールが使えたので、接続することができる。

これ以外にも、普段立ち回る場所では施設のアプリが用意されていて、そでれ最初に認証を行う必要があるが、WIFIにつなげることができる。

あと、格安SIMでもWIFIがオプションになっている場合もある。確認して、使えるようなら使ったほうがいいだろう。

大きなパケットでの契約は安心だが、無駄な必要にもなってしまう。普段立ち回る場所を確認して、WIFIが使えるようなら、積極的に使っていくのがいいだろう。
アプリをインストールして設定する手間はあるが、その後に無駄な通信費がカットできる可能性がある。