【戯言】(LiNEでの)欠勤連絡

 

別にいいと思うけどな。電話でしなきゃならないのなら、まずは欠勤の意思を伝えてから電話待機していればいい。必要なら会社から電話するだろうし会社がLiNEでの欠勤連絡が失礼だと思えば注意して受け付けないようにすればいい。それが嫌なら辞めればいい簡単なことだと思える。

昔ルータではなくモデムが主流な時に特定の時間に会社宛てにFAXを送るプログラムを作ったことがある。起きてFAXを止めなければ遅刻や欠勤を知らせるためだ。

会社からは技術の無駄遣いだと言われたが一部からは好評だった。

技術営業をしていた人には受けた。小さな技術の集合体で既知の技術だったのだが、そういう事をしてこなかった会社だったので新鮮に映ったのだろう。営業は営業先にモデム+ソフトの営業をした。

この欠勤連絡の話もLiNEで行うから不誠実だと言われたり失礼だと言われたりするのなら自分の声を吹き込んだ音声データで謝罪文をつけて送信したらどうだろうか?

技術は使う人の想像力を広めるためにあって失礼を誘発するものではない。

拒否する人を古い人だと断罪するのは簡単です。しかし、それは技術を使って欠勤連絡を認めない人たちと同じことをしているのだとなぜ気が付かないのでしょう。ただ楽をしたいだけの人とただ慣例に則るのが素晴らしいと思っている人の争いにしか見えない。

歩み寄ろうとしないのかが不思議でならない。LiNEでの通知が嫌なら何が嫌なのかを話せばいい。なぜLiNEで通知しようとしたのかを聞けば妥協点が見つかるはずだ。その為に技術があるのだから。両方ともなぜ新しい技術を使おうとしないのかが不思議でならない。両方とも頭が固い前近代的な人なのではないかと思ってしまう。

マスゴミが、頭の固い上司と柔軟な若者というカテゴリ分けをして報じているだけだと思いたい。